ダイヤルインサービス

 1回線(または1代表群)に複数の通信機器が接続されている場合に、その中の特定の通信機器に、 直接着信させることを可能にするサービスです。一般の電話回線からの着信時にも利用できます。

 ダイヤルインサービスを契約すると、本来の契約者回線番号とは別に、複数の追加番号が利用できるようになります。 着信時にはネットワーク側から着信番号情報が通知されるので、その情報をもとに、着信すべき通信機器(内線) の特定を行います。

 また、オプションのグローバル着信を利用すると、契約者回線番号への着信時には着番号情報を通知せず、 追加番号への着信時にのみ着番号情報を通知するので、契約者回線番号への着信はすべての通信機器を鳴動させ、 追加番号への着信時には特定の通信機器だけを鳴動させるといった利用もできます。

利用できるモード 利用条件
通話モード 発信側は電話回線でも可能
着信ユーザー側の通信機器が本機能をサポートしていること
ディジタル通信モード

代表取扱サービスとの併用の注意点

[利用できる番号数]
(ダイヤルイン番号数=契約者回線番号数+ダイヤルイン追加番号数)
INSネット64(P−MP接続)1回線の場合  100個まで
INSネット64,1500(P−P接続)1回線の場合 1000個まで
複数の回線で代表を組んだ場合(回線種別にかかわらず) 1000個まで
 グローバル着信の契約は、契約者回線番号の代表親番号にのみ行えます。

グローバル着信

 ダイヤルインサービスを契約する際、契約者回線番号に対して[グローバル着信利用する/しない]を選択します。グローバル着信の指定による違いは次の様になります。
 契約者回線番号
での着信
追加番号
での着信
ダイヤルイン契約[無]着番号を送出しない
ダイヤルイン契約[有]グローバル着信
[利用する]
着番号を送出しない着番号を送出する
グローバル着信
[利用しない]
着番号を送出する
 代表とダイヤルインの組合せの場合、グローバル着信の契約は契約者回線番号の代表親番号にのみ行えます。

発信者番号通知の番号設定

 ダイヤルインの追加番号を発信者番号として利用できます。送出(設定)できる発信者番号は、「0」+「市外局番」+「市内局番」+「加入者番号」です。

月額料金

1ダイヤルイン番号(契約者回線番号も含む)ごとに 900円
[料金算定例]
ダイヤルイン番号数 月額料金備 考
契約者回線番号2個(代表)、ダイヤルイン追加番号8個利用の場合 10個
(2+8)
9000円
(900×10個)
上記の場合で、グローバル着信を利用の場合
(契約者回線番号のうち1個は着番号情報を利用しない)
9個
(2+8)−1
8100円
(900×9個)

申込み時の注意

ダイヤルインの申込みが必要です。
グローバル着信利用の有無をご指定下さい。

INS1500でもグローバル着信の利用は可能
ダイヤルイン追加番号での契約はボイスワープのみ行える

他の契約と競合する場合の留意点

競合するサービス競合する場合
代表取扱サービス 留意点
グループセキュリティサービス 留意点
二重番号サービス 留意点
ダイヤルQ2サービス 留意点
でんわばんサービス 留意点
INSボイスワープセレクト 留意点
Fネットサービス 留意点